So-net無料ブログ作成
検索選択

タッチ あだち充 【ネタバレあり】 [読書]

この年になってなんですが、最近あだち充の漫画タッチ」を再読しました。

いやーイイ!

青春というものを思い出します。

この漫画を最初に読んだのは、確か小学生の高学年のころくらいだったかな?

当時はアニメもやっていて、毎日楽しみにしてましたね。

うちも隣に南ちゃんみたいな幼馴染がいたらなーとか思ってました。


でも私が好きなのは、柏葉英二郎監督です。

もちろん達也もいいけど、監督はダントツです。

自分がひねくれものだから感情移入できるのかなとも思う。

最初は単なる復讐鬼だったのに、達也たちとのやりとりで徐々に心を開き、

監督としての優秀な能力をドタンバで発揮する。

そして私がこの漫画で一番好きなシーン。↓【以下ネタバレ注意】


予選決勝の後。

眼病を患っていた監督が病院入院した後で、達也と南がお見舞いにやってくる。

監督は手術の後で両目に包帯を巻いている。

ひとしきりのやりとりの後、

達也は監督に「夏は好きですか?」「もちろん嫌いですよね。」という。

そして監督にあるものを渡す。

監督は目が見えない「何だ?」

達也「リンゴです。」

そして出て行く達也と南。

監督は気づく。それが予選決勝のウィニングボールだと。


そして看護婦が入ってくる。

「暑いでしょ?窓閉めましょうか?」

監督「いいんです。夏は・・・好きなんですよ。」

そしてそこに描かれる入道雲。


正直ここ泣きます。何回よんでも結構感動します。

何を言っても心を開かなかった監督が、最後に達也との交流で、

素直な自分の気持ちを出すようになる。

自分ももう少し素直になれたらなあっていう思いがあるから、感動するのかもしれないですね。

さらに、私も夏が昔から好きなんです。だからより名台詞だと思うのかな。

よく考えたら、夏がくるたびにこのセリフを思い出している気がするな。

思い出して、そして「俺も夏好きだなあ」って思う。

毎年やってるね。



まあ漫画を読まないと伝わりませんね。

ここに至るいろいろないきさつがあるから、このセリフが感動するんです。

まだの方は読んでみてください。





村上春樹ふたたび [読書]

村上春樹についてはやっぱり結構いろんな方がコメントくれますね。それだけ人気があるし、多くの人に読まれているということなんでしょう。

みなさんいろんな理由で村上春樹の小説が好きなんでしょうが、私の場合はどこが好き、っていわれても、ホントその文体とか雰囲気とかがいいとしかいえないんですよね。あんまり内容について深い話はできません。

個人的に、村上春樹の小説って好きな音楽みたいだと思っています。

好きな音楽って、「その曲なんで好きなの?」って言われても、うまく理由なんて説明できないですよね?

まあそりゃ「ノリがいいから」とか「サビがいいから」とかいうかもしれません。

じゃあ「なんでそのサビがいいの?」って聞かれたら「いやここのコードがAでその後にGがくるでしょ。その辺がいいんだよ」とかいいます?いわないですよね。

それと同じで、「なんで村上春樹が好きなの?」ってきかれても、論理的には説明できない気がします。

あと、村上春樹の小説は何度でも読み返せる。これも音楽と似ているな、と思うところです。

ミステリーとか探偵小説とかは、一回読んだらもう読み返さないですよね?その後の展開がわかっていたら全然おもしろくないですから。

でも村上春樹の小説は違うんですね。その文体の響きが心地いいんです。だから展開とか結論とかがわかっていたとしても何度も読んでしまう。これって好きな音楽と似てませんか?

そう考えると、村上春樹の小説について「謎がほったらかし」とか「結局どういう結論なのかよくわからない」とかよく言われるのに、こんなにもポピュラーになっている理由が解る気がします。

好きな音楽に謎解きはないですよね?陳腐な表現ですが、音楽は「頭で理解する」ものではなく、「心で感じる」ものですから。私にとって村上春樹の小説もそれと同じです。読んでいてただ心地いいのです。はなから内容を論理的に理解しようなんて思っていないんですよ。

もちろん村上春樹の小説について色々な研究がなされていることは知ってますし、そういう方々が「論理的に」彼の小説を理解しようとしているのはわかります。

けど、おそらく評論家、文学者、あるいは文芸マニアではない、一般の村上春樹フリークは、多かれ少なかれ私と同じように感じているのではないでしょうか。

そんなわけで、私はこれからも村上春樹の小説を繰り返し読み続けていくでしょう。好きな音楽もいつか飽きるように、いずれ彼の小説にも飽きるのかもしれません。そうなったとしても、時を経れば好きだった音楽をまた聞きたいと思うように、またきっと読みたくなるんだと思います。

最後に、一番最近読み返した村上春樹の小説です。彼の小説の中で一番好きですね。これを読むとマルセル・プルーストの「失われた時を求めて」を読みたくなります(結局読んだことはないんですが)。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 

 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉  


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(5) 
共通テーマ:

【最近の読書】 [読書]

ここんとこ読んだ本については書いてないんで、ここらでまとめてみます。

相変わらず乱読です。全部あげるときりがないので、おもいつくままに、、、。

霧越邸殺人事件

霧越邸殺人事件

なかなかおもしろかったです。ミステリー物は長くないといやですね。
これは結構ボリュームあるし、内容もこっているしオススメです。
どちらかが彼女を殺した

どちらかが彼女を殺した

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/05
  • メディア: 文庫

これは所謂謎解きの部分が省略されている小説です。

自分で謎を解こうと思うとかなり楽しめます。

名探偵の掟

名探偵の掟

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 文庫
パロディものです。いわゆる探偵小説をたくさん読んでる人にはおもしろいと思います。
アフターダーク

アフターダーク

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/09/07
  • メディア: 単行本

いぜんも書いたように村上春樹はすきなんですが、これはちょっと難しすぎる気がします。

汀にて―王国記〈3〉

汀にて―王国記〈3〉

  • 作者: 花村 萬月
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 文庫

花村萬月もわりと好きな作家です。王国記シリーズは出ると買うんですが、読むのに力がいるのでかったまま放置してることも多いです。

戦後最大の宰相田中角栄 (上)

戦後最大の宰相田中角栄 (上)

  • 作者: 田原 総一朗
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 文庫

全然文学作品じゃないですが、こういうのもたまにはいいかと。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

村上春樹 [読書]

私は村上春樹の小説が好きなんです。そういうと「女受け狙いだろ」とか言われるんですが、んなことなくて、ホントに好きなんですよね。私のまわりでは、男性で村上春樹が好きだという人はいないようなのですが、、。

よく「村上春樹の小説は結局何も解決しないからイヤだ」とか「読んだあとすっきりしない」とか言われますが、何でもかんでも出来事をすっきりさせなくてもいいんじゃないかと思います。探偵小説じゃないんですから。私は村上春樹の文体とか、その作り出す世界観や雰囲気が好きなので、「謎解き」がなくても全然大丈夫なんですよね。特に人間の逃れようもない孤独感というか、関係性の欠如というか、そういうのを描いているのが好きなんですよ。

ちなみに一番好きなのは「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」です。まず大ブームにのって「ノルウェイの森」を読んでいたのですが、本当に好きになったのはこの本からです。そして後はむさぼるようにすべての作品を読みました。

結構彼の作品は定期的に読み返しています。今は「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」の四部作を読み返していて、「ダンス・ダンス・ダンス」に入ったところです。私の年齢からいっても「ダンス・ダンス・ダンス」の主人公と同じくらいなので、自分と照らし合わせたりなどという楽しみ方もしていますね。しかし、最初にこの作品を読んだ頃は私は大学生で、主人公は「かなりおっさん」だったのになぁ、、。

まあでも、村上春樹は「根暗な人」向けだと思います。私の持論は「程度の差はあれ人間みな根暗」なのですが、その中でも根暗度の強い人向けですかね。

ちなみにブログとかをやっちゃってる人というのは、結構根暗だと思うんで、まだ読んだことない人は「ノルウェイの森」あたりからいかがですか?「世界の中心で愛を叫ぶ」なんて、薄っぺらな小説読むくらいなら、こっちの方がいいと思いますよ。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(8) 
共通テーマ:

ひさびさ [読書]

ここのところ仕事が忙しくてずいぶんと更新をおこたってしまった。まあそんなこともある。が、仕事が忙しいにも関わらず、どうしても本をよんでしまう。活字中毒ってやつでしょうかね。でも自分としてはこの言葉に少し抵抗があるんですよ。なんか人に対して『活字中毒』っていってる人って裏に「俺はいつなんどきも本が手放せないんだよ、そんなインテリなんだよ、すごいでしょう」みたいな感覚が潜んでいるように受け止めてしまう。まあ穿ち過ぎかもしれないけど。自分の場合はどんなに疲れていても、睡眠不足のときでも、寝る前に本を読まないと眠れないたちってだけなんす。そんなわけで自然と毎日本を読んでしまうということで、しかも読む本もミステリーとか肩の凝らないエンターテイメント系がメインだし、いわゆる活字中毒な人に恥ずかしい限りではあるのですが。

まあそんな『似非活字中毒』な私が読んだ本はこれ

評価は★★というところでしょうか。

まあ遅ればせながらという感じですが、去年相当話題だったので読んでみました。まあネタバレはしませんが、なんかこう、このトリックはどうなんかなあとおもってしまいましたね。トリックというよりレトリックというか、、。なんか筒井康隆の『ロートレック荘事件』を思い出しました。でもそれなりには楽しめますんで、まだの方は読んでみてください。

そうそう、以前読んでいるといっていた本はまだ読み終わってないんで、感想は後日。

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

生涯最悪の本 [読書]

なんかblogってやってみるとあれこれと書くことって思いついてきますね。それがやっぱりblogが流行ってる理由なんだろうなあ。たぶんほとんど誰も読まないとはわかっているけど、自分の書いたことが公開されているっていうのは、多かれ少なかれ何かを公に発表したっていう気にさせられますね。なんか普段感じたこと、考えたこと、その他諸々のことを、街角で大声で叫んでみた、っていうのと同じような気分になるんでしょう。気持ちいいんですね、これが。

で、もうしばらく前になりますが、大声で叫びたいことがありました。この30年ほど生きてきて、それこそ数え切れないほど小説を読んできて、その中でもダントツで最悪という本に出会ってしまいました。それは、、、

これです。もうね、この画像を取り込むのすら嫌なくらいですよ。題名をここに載せたくないくらい。でもこれ以上被害者を出してはならないと思っていいます。『リアル鬼ごっこ』、あらゆる点で最悪でした。表紙にちょっとひかれて、しかもそれなりに売れているときいて、中身もろくに見ずになんとなく本屋で買ってしまったんですよ。そして家に帰って読んでみて、唖然、呆然です。①なんでこんな稚拙なおままごとが本として売り出されているのか?②そしてなぜ売れているのか?③メインの購買層は?それを確認したいがために、ガマンして最後まで読みました。でも何の解決も得られませんでした。初めてですね、買った本をその場で燃やしてしまいたいと思ったのは。

それで、世の中の評判はどうなんだ?とおもっていろいろみていると、やっぱり俺と同じような感想の人ばかり。ますます疑問は募るばかりです。

ただ、そこで思いました。この本は型破りすぎるホラー小説なんだと。つまり、内容は正真正銘どうしようもないものなんですが、そのどうしようもない内容なのに本になり、売れてしまう、という現代のホラーを具現化してるということがいえないでしょうか。その小説あるいは本の存在自体がホラーであるとは、なんともメタフィジカルな話ではないですか。それがゆえに売れてしまい、またそれが新たなホラーを生み出す、、。もしこれを計算でやってたらすごいですけどね。確かめたい人は確かめるのもいいかもしれません。そこには恐ろしい日本語世界が広がっていますから、、。

でも、結論としてこの小説は俺の生涯最悪の小説に違いないし、誰に対しても絶対に勧めない。そして、こういう本を出版する出版社には、もう少し倫理観、あるいは自社の出版する本にプライドというものはないんですか、といいたいです。こんなどうしようもない文章を、判断力のない小中学生などがまかり間違っていい文章だとか思ったりしたら、それこそ文化の衰退どころか日本語の崩壊ですよ?


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

今読んでいる本 [読書]

最近ミステリーばっかり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

とりあえず [読書]

遅ればせながら、blogをはじめることにした。
まあso-netはいってりゃタダだし、いつまで続くかわからないけど、
日記的なノリでできるんだったらいいかな。

留学の準備の進捗とか、読んだ本の感想とか、最近のお笑いとか、
そんなことを書いていきます。
基本は自分用です。だったらblogじゃなくて日記をつけろって話も
あるだろうけど、まあいいじゃない。公開されるからこそ続けられる
っていうもんだよね。

とりあえず最近読んだ本:
『魔術師(イリュージョニスト)』ジェフリー・ディーバー★★★★

『長恨歌』馳星周★★★

池袋ウエストゲートパーク』石田衣良★★

『赤と黒』スタンダール★★★

とけっこう乱読ですね。
もう読み終わったものはいちいち思い出して感想つけたくないから、
上記にはあえてなにもコメントしません。あ、でもおすすめ度
くらいはつけますか。それなら簡単だし。てなわけで、上記の星は
あくまで主観的な面白さでの5段階評価。

留学やお笑いの話などはまたおいおい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。