So-net無料ブログ作成

村上春樹の英訳本

久しぶりにまたかきます。

いまは海外で働いています。どのくらいいるのかは未定だけど、日本にすぐ帰ることにならなくてまずはよかった。

最近の個人的ブームは村上春樹の小説の英訳を読むことです。

幸い海外だとペーパーバックは手ごろな値段で手に入るし、内容は一応頭に入っているから英語でもスラスラ読める。

あとは英語の速読の練習にもなるしね。

英語で読んでいると、やはりニュアンスの違いはかなりあります。

しかし、一番の問題は「村上春樹の文体」を感じることができないこと。

もちろんネイティブが読んだら、僕らが日本語で読んだときのような感覚を得るのかもしれないけど、まあ難しいだろうなあ。

日本人の作家の英訳について日本人がそう思うわけだから、逆もまた真なのではないかと思う。

つまり、文学作品は原文で読むのが一番その作家の意図しているところがわかるということ。

そうはいっても英語以外はろくろく読めないから、まあイギリスの作家やアメリカの作家の小説くらいは、英語で読もうかな。

幸いこっちでの勤務はそんなにハードじゃないし、時間も結構あるからね。

かなり雑文になっちゃたけど、たまの更新ということでご容赦を。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。